覚えておきたい応急処置~救急車が到着するまでに~

 事故が起こってしまったときは、すぐに応急処置を。ママやパパの迅速な行動で最悪の事態を回避できます。万が一のとき落ち着いて行動できるよう、手当の方法を確認しておきましょう。

誤飲の際の対応のポイント

 飲み込んだものによって対応が異なります。まず、何を飲んだのかを確認してください。医療機関等へかかるときは、あらかじめ誤飲したものの名称や量を伝え、できるだけ現物を持参します。

品名 応急処置
タバコ 何も飲ませないのどの奥を刺激してすぐに吐かせる。
大部分の医薬品等 水や牛乳を飲ませるのどの奥を刺激してすぐに吐かせる。
パラジクロル・ベンゼン・ナフタリン・防虫剤等 水を飲ませるのどの奥を刺激してすぐに吐かせる。防虫剤等は油に溶けやすく、毒物の吸収を早めるので牛乳は飲ませない。
除光液・灯油・ガソリン・ベンジン等の揮発性物質 何も飲ませない吐いた物が気管に入り、肺炎等を起こすので吐かせないで至急病院へ
トイレ用洗剤・漂白剤等の強酸・強アルカリ 牛乳・卵白を飲ませる無理に吐かせると食道等の粘膜を傷めるので吐かせないで至急病院へ
金属・ボタン電池 何も飲ませない医師に相談し、便の中に出てくるのを待つ。電池は成分が胃の中で溶けることがあるのですぐ医師に相談する。吐かせないで病院へ

吐かせ方

  1. 水か牛乳を多めに飲ませる
  2. 立て膝をして太腿に幼児をうつぶせに乗せ、頭を低くさせる
  3. 子どもの舌の奥に指を入れて押す

頭を打った

 身体の大きさのわりに頭が重い乳幼児はバランスを崩しやすく、頭を打つことがよくあります。すぐに大声で泣いたり、意識がはっきりしていれば、安静に安静にして様子を見ればいいでしょう。ただし下記のような症状が見られる場合には、すぐに医療機関を受診してください。

  • 嘔吐、ひきつけが見られる
  • 意識がない
  • 顔が青ざめている
  • 出血が止まらない

やけど

 流水で十分冷やしてください(目安は20分)。服の上からやけどしているときは、無理に脱がさず服の上から冷やします。また、水ぶくれになっているときは、つぶさないよう水圧に注意してください。

子どもは身体が小さいため、やけどが全身の10%以上に及ぶと生命の危険があります。軽いやけどでも、範囲が広い場合には注意が必要です。